☆サトやん釣行記☆一覧

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 2019年も宜しくお願いいたします。 2018年もあっという間に終わってしまい気がつけば2019年。 本当に沢山の方々にお世話になり支えられていると実感いたしました。 ありがとうございました。 年末から生活する環境も変わり2019年は気持ちを入れ替えて、時には息抜きもしながら頑張っていきたいと思います! 2018年は釣り以外にはトレーニング。 ガッツリ膨らんだ体を今年はしっかり絞ってカッコ良い体づくりを目指していきたいと思います。 釣りの方でも昨年は出来なかった事に...

ナレージとトレイシーのコンビ②

前回の内容に引き続きナレージとトレイシーのコンビ。 狙うレンジはボトム付近がメインであることからベイトタックルを使用。 メインラインは山豊テグスPEレジンシェラー1.5号にフロロショックリーダー22lb。 ボトム感知や地形の変化を把握しやすいようリーダーはフロロを使用している。 緩くダラダラと流れるタイミングでエントリー。 昨年とは違い爆風続きでは無いためストレスなく釣りができる。 ナレージ65をキャスト。 ビームスクローラ83l+は力まずキャストしても気持ち良く飛んでくれてキャストが楽しい。 根掛...

強風の中。ナレージとトレイシー。

風速10メートルの強風。 ポイント到着時点からアングラーも少なく、入りたいポイントに入る事ができた。 立ち位置に対して斜め前からの強風。 幸いな事にも流れと風が逆らうことなく、思った以上にストレスは無し。 先ずは手前から。 ナレージ65でボトムを細かくリフト&フォール。 開始数投で反応あり。 ちっさいけど(笑) 予想外に以後は手前の反応は無し… となると得意のトレイシーとのコンビ。 水深と流れの弱さから15グラムがベストマッチ。 投げる。 沈める。 後は小刻みなリフト&フォール。 根...

相変わらずジョルティ好調。

本日で11月の研修も終了。 本当に忙しくてあっという間に月末になってしまった。 ここから釣りに行けなかった分を少しずつ取り戻していきたいところ。 さて、今回の釣行記はナレージとジョルティを使い分けての内容。 ずいぶんとイナッコも大きくなってきたが、イナッコが近いうちはナレージ50にすこぶる反応が良い。 スピードなのか波動の細かさなのか、ナレージ65やトレイシーシリーズでは反応が無い。 キャストしてナレージ50をテロテロをゆっくり引くだけ。 今回は小型の群れが多く。 こんなサイズがちらほら。 ベイトの...

ジョルティ好調。

11月の土日は研修三昧。 疲れてきた時には肉で元気を取り戻す! 長かった研修も今週でようやく一区切りがつきます。 休みもほとんど無く釣りに行きたい気持ちが爆発してしまうため、時間を作って短時間勝負。 回遊待ちをしていてはタイムアップになってさしまう。 そのため、足を使ってカケアガリに着く魚を狙っていく。 小型ながらもしっかり遊んでくれた。 ナレージ50は相変わらず手返しよくサーチしてくれる。 続いて後日の釣行。 カケアガリに着く魚も少なく小型が中心になってきた。 狙うは沖の魚。 なんだけどトレイシー...

ジョルティー。飛距離+ワームの喰わせ。

前回に引き続き、先ずは紅葉から。 個人的にはもっとじっくり見たいのだが、恐らく今年はこれが最後。 季節の流れを感じる事は釣りに関しても同じ。 季節の流れをしっかり感じる事ができれば釣果への近道になると思う。 まだまだデイゲームの釣行記です。 今年は暖冬と言われているが暖冬の年はデイゲームの調子も良い。 今まではバイブレーションや鉄板。 時にはジグがメインとなっていたが、今年からはコイツがいる。 ジョルティ。 かっ飛び系ジグヘッドにワームの喰わせ。 軽い力でスプールからラインが凄い勢いで放出されかっ飛...

トレースするスピードとポイントを間違えなければ。

紅葉狩り。 そんなに遠出はしていないが、今年は紅葉狩りに行く機会も多く忙しい中でも季節を満喫しております。 自然界はますます秋が深まり。 釣りの方も秋らしく数もしっかり居てくれるようになった。 ナイトでは激戦区のポイントも明るくなれば誰も居なくなりのんびりと釣りに集中できる。 ベイトは相変わらずのイナッコにハゼといったところ。 その他にもサヨリ等いろいろと居るがメインはこんなところ。 この日は非常に秋らしく、正に食欲の秋と言った感じ。 メインルアーはナレージ50。 浮き上がり易くレンジのコントロール...

カキセラバー(プロト)釣行。

気がつけば11月に突入してしまった。 11月は本当に予定が盛りだくさん… 土日はすべて研修とKBSにも行けれない。 ほぼ休み無しの月となりそうです。 10月はハゼパターンをしっかりと堪能。 プロトのカキセラバーでハードボトムやカケアガリをズル引きしたり、リフト&フォールや時には放置とボトムをみっちり攻める釣りで手堅く魚は出てくれた。 ハゼパターンのボトムやカケアガリ攻めはやはり手堅いが、なかなか良いサイズを狙う事は難しい。 個人的にはまだまだラバージグは勉強不足な点もあるしシーバス以外にも釣...

ボトム攻略。カキセラバー(プロト)

ハゼパターンも終わりに近いが ボトム攻略に良いプロトが届いていた。 カキセラバーというラバージグ。 コンセプトは『ハードなボトムを引きずっても引っ掛からない』 確かに根掛かりしにくい。 カケアガリやボトム付近を攻めるような ハゼパターンにはもってこいだ。 ナレージ50では広範囲をスピーディーに。 その分、獲りきれていない魚もいると思う。 カキセラバーはナレージのように広範囲を というよりは、じっくり確実にボトムを攻める。 というような釣りが得意な感じ。 使い分けていくことで更に魚出せるだろう。 しか...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク