徳島発!阿波ぁBEAT!一覧

寒くても熱い!?kentarow cup!

『ちゃまくん!物持ち撮るけんココ持ってよ!』『マジかよー(泣)』エイに超ビビってる西岡に、エイの持ち方をレクチャーするケンタロー。まさか、これが2018年のラストフィッシュになるとは…2018年12月末。ある日、SNSのストーリーで突発的に開催を告知された『kentarow cup』。全国から数名のアングラーが参加した。丁度、日本列島を寒波が襲ったタイミング。強風、極寒の中で釣りをする事となったのだが、県によっては吹雪いていたとか…鳥取のSさん、その節はどうもありがとうございました(笑)徳島県内でも...

そして、アフターへ。

いい風が吹くと気になる年末の県北鳴門ゴロタ浜。中々朝マズメに出る事が叶わないので、デイのショートタイムで足を運んでみるも撃沈。ほぼキャストする事無く、真正面から風を受ける面を探してゴロタをひたすら歩くだけに終わった。ポイントに立った時の風向きで、風の当たる面の予測。ちゃんと経験を積んでいれば、的確な予測が立てられる。広いゴロタ浜で、時合いを無駄にしないための経験値。釣りって釣るだけが技術じゃない。自分には、微塵もなかったけど(笑)歩けば歩くほど無風になるって…後日。開拓中の沼に『自称スマートアングラ...

変わり目。

ある時から雰囲気が変わった開拓中のポイント。他のポイントより透明度が低いのは相変わらずなのだが、水の色が少し変わった気がする。キャストを繰り返しながら辺りを見回していると、時折ライズをするように何かが水面で音をたてている。生命感はある。水面にライズのような波紋をたてているのはいなっ子か?そんな事を考えながら、Blooowin!でリップラップ際をジャークしていく。すると、目の前で下から突き上げるようにBlooowin!にバイト!サイズが小さい割に暴れまくる!何だ!?この違和感!?ルアー:Blooowi...

初冬に感じる秋の匂い。

前々から気になっていた沼ポイントの開拓へ。その道中、まさかの先行者に遭遇。話を聞いてみると、だいぶ長い間時合い待ちをされているそうだ。でしょうね!何となく、そうだと思いましたよ!取り敢えず、一言断りを入れて奥を打たせてもらう事に。藪を抜けた先は、予想通りの沼具合。もうこのくらいじゃ気にもならなくなってきた。ただ気を付けなければいけないのは、場所によってとんでもなく深い沼があるという事。歩く場所が1mずれると膝上コース。しかし、ちゃんと流れが当たるコースへ歩を進めると足場は固くなる。なるほど、下手に岸...

ジャークで狙うデイゲーム。

明けましておめでとうございます。本年も西岡を何卒よろしくお願いいたします。そして、すいません。ログは12月の釣行記です(汗)年内にねじ込みたかったですが、間に合いませんでした。毎度遅延気味のログですが、お許し下さい。何年か前までは、12月以降のデイゲームで魚から反応を貰う事が凄く難しかった。特に河川は情報が無く、『本当に釣れるのか?』っと疑心暗鬼になるほど。それでも、ずっと河川のデイゲームに通い続けた。すると、少しずつだがデイゲームで釣れる日が段々と長くなっていった。やはり、何でも積み重ねは大切なん...

2年振りの…。

出来る事なんて、たかが知れている。だが、行かなければ何も得る物はない。10分あればベイトの確認くらいはできるだろう。そう思いながら、少しでも時間があればフィールドへ足を運んだ。そんな事を繰り返していると、入るべき潮位タイミングが段々と読めてくる。チェイスだったり、バイトだったり、釣果だったり。少しずつ集まってくる情報を伝に、自分なりに何となく組み立てた。そして、それをフィールドで聞き直す。100%答えが返ってくるわけではない。時には0%の事だってある。それを元に、また修正。場合によっては、見切る事も...

釣れなかったらイケメンのせい?

『あー…ねむ…』1時間程の空き時間。昼食後の満腹感から、一気に睡魔に襲われる。軽く横になり、いつもの調子でスマホを手に取る。そして、いつもの調子でfimo、Facebook、InstagramとSNSをチェック。そして、いつもの調子でタイドグラフを開く。これが、いつものルーチン。『あれ?今めっちゃ良いタイミングやん。』高潮位からの下げ始め。予想通りなら、この間のポイントは高潮位絡みが良いはず。『気になるなー。でも眠いしダルいなぁ…』なんて考える前に、ポイントへ向けてアクセルを踏み込む。吉野川に到着し...

苦手なイメージ。

渋目な状況に追い討ちを掛けるよう、水質がクリアUPしていく吉野川。例年なら11月を過ぎた頃から調子が上がるポイントでも、全く結果が出ず四苦八苦。そんな中、1つのポイントに行き着いた。正直なところ、今まで『避けていた』ポイント。数年前に数回来た事があるが、全く魚を出せなかった。それ故、このポイントに良いイメージが無くて足が遠のいていた。だが『今の自分ならどうなんだろう?』と思い立ち、エントリーしてみる事に。自分の腕前なんて鼻クソみたいなもんだが、数年前より幾らか上達はしているつもり。何かしらの反応は引...

ラストSWAP!

物事に永遠はない。これは、いかんともし難い事実。避けては通れない事だ。ただ、その気持ちを『受けとる』『引き継ぐ』『次の世代に伝える事』は可能だ。って事で行って参りました。濱本 国彦プロ主催のSalt Water Angers Party略してSWAP!今回で本当のラストとなるSWAP。300人を越えるアングラー達が香川は坂出に。数年振りに高知のシンゴメンさん、香川のレッカーさんとも再会。レッカーさん、その節はすいませんでした。レッカーさんのハンネが久し振りすぎてピンときませんでした…SNSでいつも見...

ベストフィッシュ TOP5 2018

師走。ぼちぼち、この1年を振り返られる方もいる季節。その1年を振り返るのに、fimoには凄く良い企画が。『ベストフィッシュ TOP5』今年も、この企画にそって1年を振り返ってみる。BEST5今年の徳島は、本当によく雨の降る1年だった。そのため、初夏からは清流域での釣りが自然と多くなった。清流域の醍醐味は、何と言っても『最高のロケーション』。回りを木々に囲まれ、文明と遮断されたかのような静かな空間。その空間を、駆け抜けるように清流の流れが走って行く。そんな最高のロケーションで鱸を釣る事が出来るのは、本...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク