百戦錬磨の釣行記in青森一覧

我が目を疑う3桁の数字

メジャーを当てた瞬間、思わず笑った。 折りたたみ式のメジャーを広げる回数がいつもより多く、見慣れない3桁の数字が目に飛び込んできたことが、なんというか無性に面白かった。前回までのログで、一連のマイワシパターンについて概括したつもりだが、敢えて混ぜなかった印象深い2本。 あんなことやこんなことがあって、なかなか書く時間が取れず今更感のある更新だが、、と、言い訳のお許しを、、、笑 1本目、まだミノーのぶりぶりアクションに気づいていなかった頃。 群れから外して誘い、ルアーはベイトに合わせて大きめの...

青森のマイワシパターン

今や町が本気で取り組めば、観光資源として成立するのでないかと思えるほど、時期が来るとSNS等で盛り上がりを見せるシーバスのご当地パターン。 昨年末にはハタハタパターンで新潟にお邪魔したが、県内外ナンバーのポイントのそばに路駐された車、そしてアングラーの数には驚かされた。 今回は阪神間で盛り上がりを見せるマイワシパターンについて。 これまでのブログの通り、今年の秋はマイワシを追うことに時間を費やした結果、1日のうちで大体この時間にここを通る、と時合を狙って釣りに行けるようになった。 時合はマイ...

ツンデレサゴシが導く恩恵

既に明るくなり始めている東の空を見て、ここからぶっ飛ばして向かってもシーバスのゴールデンタイムには間に合わないと判断し、のんびりと。 ゴールデンタイムは時間にして6時前くらいまでだろうか。 それでも明るくなってから7時くらいまでの1時間はサゴシに間違いなく遊んでもらえるはず。。 そんな気持ちで釣り場に着いた頃には太陽が顔を覗かせる直前の時間帯。 既に鳥が上空を飛び回っていることから、イワシ達は港内に入っているようで。 しめしめとミノーのただ巻きやジャーキングで誘ってみるが、期待に反して反応...

灯台下暗し

ピンチをチャンスに。 絶不調の外海の釣りに見切りをつけ、普段手をつけていなかったこの時期、秋からシーズン終わりにかけての陸奥湾内のシーバス。 港湾部や漁港周りではマイワシの群れが凱旋。 それに着いたシーバス狙いという名目だが、絶望的な魚影の薄さで、春先なら兼ねて根魚。のようにサブ的な存在がいないと精神上厳しい釣りである。【ブローウィン165Fスリム】 その点、今年はマイワシの回遊に遭遇しやすいマズメを絡めればサゴシ時々サワラがほぼ顔を出してくれる状況に助けられている。【ブローウィン140S】...

大好きなアイツ到来

去年は来なかった。 待ち焦がれた大好きなアイツが今年はしっかりとやってきた。アクションさせている最中はなんの感覚も得らなかったニンジャリにくっきりと残された歯型。この分かりやすい歯型こそ、初場所やシーズン初期で目の前にいることの安心感をもたらしてくれるニンジャリの強み。バイトのないうちに次々とニンジャリに歯型がついていく状態のため、ルアーをメタルジグにチェンジ。フルキャストしてボトムを取ったら次の日筋肉痛上等的な高速リトリーブもしくはじゃかじゃか巻き。 いずれも早めのアクションで探っていく...

今年は夜に縁がある

今年は雨の中の釣りが多いことにふと気付く。近場で青物狙い。 特に目立った接岸が見られない9月に続き、今月に入ってもなお、近場は休日か否か関係なく混み合う朝の岸壁。 釣り人が圧倒的に少なくなる雨の日がチャンスと意気込むが、稀にイナダサイズが出るくらいでほとんど初夏を思わせる小サバとワカシ。【ブローウィン125Fスリム】秋が来ないなぁ~と、夕まずめからスタートし、何となく暗くなってからフローティングミノーを流してみたら。。 狙っているのより想像以上のサイズも紛れ込んでいるようで。それと他に想像以上...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク