NO IMAGE

VOL278.APIA “LUCK-V GHOST”がバイブレーションの既成概念を変える。

LUCK-Vは追い食いを追求したバイブレーション。デイゲームでは主力となるバイブレーション。持ち前のフラッシングと波動で広範囲にアピールできる。最も効率的にデイゲームを展開できるルアーであり、その威力は凄い。魚は高確率に「リアクション」でルアーを捕らえる。バイブレーションはアングラーに多くの釣果をもたらしてきた。しかし、このバイブレーションにも欠点がある。それはアピールが強すぎて場所を荒らしやすく、投げ続けていると口を使わなくなる事だ。アングラーが増えプレッシャーが高まるごとに魚も学ん...

NO IMAGE

VOL277.異常なまでの「ランカー捕獲率」。 APIA DOVER99Fはまさにランカー量産機

ハイシーズン前半戦を「おかっぱり」で撃ち抜く。シーバスハイシーズンの秋に突入。今年の地元河川、印象としてはかなり不調といったところ。釣れている時期は一瞬でサイズは出ても数が出なかった。ベイトの入り方がやはり薄い。釣れる時間や場所が限定的で、経験上この傾向はあまり良い状況とは言えない。良い年は日当たり10~20本程度は出る時期だが、今年はいわゆる「地元のコアアングラーが釣れる状況」だ。晩秋になると良い方向に変化してくれることを願っている。そんな中、今年は自分なりに「おかっぱり限定」という...

VOL276.ルアー釣り装備がガチガチで動きにくい!釣りに「ミニマリスト」をお勧めしたい理由

ROD:APIA GRANDAGE 90MLプロトREEL:APIA VENTURA 2508RHLINE:GOSEN DONPEPE PE1.5LURE:BlueBlue TRACY25OTHER:APIA LIFE BELTルアーフィッシングの「手軽さ」という魅力ルアーフィッシングというと、エサ釣りとは違い「餌がいらない」という大きなメリットがある。自分は鹿児島に住んでいた時はルアーフィッシングをやっていなく、基本「餌釣り」だった。愛知に来てから初めてル...

業界初の『釣りミュージックビデオ』

スノーボードに明け暮れた日々。若い頃、スノーボードに明け暮れる時代があった。友人4人くらいで相乗りして真夜中の名古屋高速や東海北陸道を通り、ゲレンデまでの道のりを進んだ。当時大人気だったスポーツに熱狂する若者は多く、高速は常に渋滞していた。そんな気持ちが萎えるような渋滞の時間にいつも車の中で流していたのがスノーボードのミュージック・ビデオだった。ロック調の音楽にのせ、激しいジャンプやターンを次々に決めるシーンは見ているだけでアドレナリン全開。ゲレンデに着く頃メンバーのモチベーションは最...

NO IMAGE

VOL275.TRACYがクロダイに強い理由

何万回もこのルアーを投げた。きっと自分は日本で一番TRACY投げているアングラーに違いない。頭が削れ、塗装は剥がれ、動きが多少変わっても、このルアーでしかバイトが出せない状況があった。 まさにクロダイハイシーズンと言えるこの時期。シャローにクロダイが差すこの時期は身近な場所で大きなクロダイが釣れる好機。特に地元愛知の河川ではその傾向が強く、さらに釣れるクロダイのサイズも良いことから、メインターゲットとして狙うアングラーが多い。もはやその...

NO IMAGE

VOL274.魚同士のコンセンサス

魚同士のコンセンサスシーバス、クロダイ、鯉、ボラ。この時期河川には様々種類の魚が混在し賑わっている事が多い。長い間フィールドに立ち続け釣りを続けていると、目の前の現象に対して幾らかの「仮定」を持つことがある。これは一重に「釣果」へ直接つなげるための釣り人の極自然な思考なのだが、今強く感じるのは、ある程度大きい魚同士、定位する場所について何かしらのコンセンサスが存在しているのではないかということ。同じ場所でも、シーバスが釣れていたら何故かクロダイが釣れない、今日は鯉ばかり、今日はボラばか...

NO IMAGE

VOL273.クロダイシーズン。

クロダイシーズン開幕さて今年も「クロダイ」シーズンが始まりました。この魚も1年中釣れる魚なのですが、ノッコミでシャローに差す時期からメインターゲットに切り替えて狙っています。クロダイは近場で釣れる「大きな魚」。地元愛知のクロダイはサイズも良く比較的数も多い、そしてデイ&ナイトどちらでも狙える。釣り方もトップ、ミノー、シンペン、バイブレーションと様々なので、ルアーアングラーにとっても楽しめるターゲット。まだ釣ったことがないという方でもぜひ、クロダイ釣りに挑戦してみてください。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク